ハルコタン紀行

PDF

外部アプリケーションを実行できてしまうPDFの素敵な仕様について
AdobeReaderでの回避策が出ていました。
「信頼性管理マネージャ」だそうです。
PDF "/Launch" Social Engineering Attack (AdobeReaderBlog)
今後はAcrobatJavaScriptのついでにこちらも切っておきましょう。

レジストリを配布する場合は「bAllowOpenFile」より
「bSecureOpenFile」のほうがいいかもしれません。



2010-04-14

APSB10-09 (Adobe)

パッチのみの提供です。
新規に導入する場合、9.3の導入後に9.3.2を適用する必要があります。
ビルド(9.3.2の2の部分)のみの更新では
フルパッケージを用意しないようですが、
大量のファイルが更新されます。
9.4にしたほうがよかったのでは…。

9.3.1にあった2ファイルは差分ではなく実ファイルです。


アップデーター(AdobeARM)が変わりました。

Windowsを自動更新しているような普通の人は
「自動的にアップデートをインストールする」にしておきましょう
(「推奨しています」なら既定で設定してください…)。

AdobeはFTPが開いています。
旧バージョンなどを探す場合はFTPのほうが早いでしょう。
ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/
ftp.adobe.com/pub/adobe/acrobat/

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/04/07(水) 19:00:00|
  2. ウイルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Java | ホーム | ブラウザ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/177-6e823cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)