ハルコタン紀行

OfficeIME2010

Microsoft Office IME 2010
単体も出ました。
Office2010SP1より新しいパッチが出ています(2012-07)。
2598241

MS-DOSの時代、(主にPC9801のNECAIの代替として)
ATOKや松茸やVJEやWXなど多くの日本語FEPがありました。
Windows(95~)の時代になると
WXを始祖とするMSIME(95~)がシェアを拡大し、
ATOK以外はほぼ滅びてしまいました。

あれから10年以上が経過し、
Google日本語入力BaiduIMEなどの新興勢力も出てきた中、
SharePoint Designer 2007 に付属する Office IME 2007 を
(主にXPやVistaで)使っていた人も多いと思います。

そんなあなたに。 Office IME 2010 を含む
SharePoint Designer 2010 が出ました。
Microsoft SharePoint Designer 2010 (32-bit)
Microsoft SharePoint Designer 2010 (64-bit)
SharePoint Designer 2007 はアンインストールしておきましょう。
インストール中…。

ここは「ユーザー設定」です。

OfficeIME以外は全て「インストールしない」(笑)。

入りました。

お約束の変換。惜しい…。

OfficeIME2010の最大の売りは辞書の自動更新です(たぶん)。

辞書の自動更新をしない人はサービスも切っておきましょう。

IMEチームのブログ
冴子2010
TSFとIMMについて追記します。

WindowsIMAPI
Win2000・WinMEまでIMEIMM
WinXPIME+TIPIMM+TSF
WinVistaからTIPTSF
WinXPはIMMとTSFの両方のAPIをサポートしていますが、
WinVista以降は基本的にTSFのみのサポートとなっています。
TSFは「詳細なテキストサービス」「CTF」などとも呼ばれます。
DirectXのフルスクリーンで表示するゲームなどでは
IMM固有の変換候補などを表示されては困るため
変換候補などの表示を自力で実装していますが、
TSFでは動作がおかしくなったりします。

[コントロールパネル][地域と言語]

WinXPの設定。

多くの場合、このままで問題ありません。

Win7の設定。

「詳細設定」(詳細なテキストサービスの設定)がありません。
WinVista以降は常にWinXPの
「詳細なテキストサービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する」
に相当する状態です。
Office IME 2010 ではIMMのサポートが行われましたが、
WinVista・Win7側では設定できないため、IME側で設定します。

TSFとIMMのどちらかを選択することになります。
「詳細なテキストサービスを使用しない」にした場合、
TSFしかサポートしないアプリケーションでは不具合が発生する可能性があります。

余談ですが、Win2000・WinMeなどでもOfficeXP(のIME2002)を導入する、
あるいは単体で導入することでTSFをサポートすることができます。
→単体配布は終了したようです。撤去されました(2012-08)。
さらに追記します(2011-12)。

ATOKはATOK2011からWinVista以降では
IMMに加えてTSFにも対応しています。
既定でTSFですが、IMMに変更することもできます。
オンラインゲームでATOK 2012が正常に使用できない
テキストサービスを使用しない設定にする

WinXPではIMMのみです。
ATOK2012 動作環境
Windows XP環境では、TSF(テキストサービスフレームワーク)に対応していません。

Google日本語入力は開発中にTSFからIMMへ変更されています。
Google日本語入力のベータ版をアップデートしました。
日本語入力に使用する API を TSF から IMM32 に変更しました。
これにより、特に Windows XP 環境での安定性と互換性が大幅に改善しました。

BaiduIMEはBaiduTypeの時まではIMMでしたが、
BaiduIMEに変わった時からTSFに対応しています
(名称と矛盾する気がしますが)。
追加されたのか変更されたのかはわかりません。
updatelog
TSFモデルをサポート、プログラミングの互換性と安定性を改善

古いゲームなどでIMMを使いたい場合は
Google日本語入力が手軽だと思います。

追記は終わりです(2011-12)。

Visual C++ 2010 ランタイム x86x64IA64
Visual C++ 2010 SP1 ランタイム x86x64IA64 (2011-03)
MSVCR100 MSVCP100 MFC100 ATL100 VCOMP100 など。
パッケージは2005(8.0)も2008(9.0)もファイル名が同じなので
保存しておく場合は名前を変えたほうがいいでしょう
(vcredist_x86_2010.exeなど)。

2005(8.0)や2008(9.0)はWinSxSに配置されていましたが、
2010(10.0)は昔のようにSYSTEM32にばら撒かれます…。


.NET Framework 4.0 + 日本語パック x86x64IA64
(埋葬された1.0や1.1を無視すると)
今までは2.0を基本として2.0を拡張した3.0、
3.0を拡張した3.5、となっていましたが
4.0でCLRやASP.NETが一新されています。

そのうち自動更新で配布されると思いますが、
インストールとその後の起動(ngen)に時間がかかるので
余裕がある時に入れてしまったほうがいいかもしれません。

重いngenサービスはWinVista以降では遅延開始ですが、
遅延開始が無いWinXPでは他のサービスと同時に開始されます
(4秒以内に応答しなければならないトレイアイコンが全く表示されないくらいです)。
しばらくコンパイルし続けますので、温かく見守りましょう。

ngenサービスの表示名が変更になっています。
WinXPでの2.0は
「.NET Runtime Optimization Service v2.0.50727_X86」
となっていましたが、4.0は
「Microsoft .NET Framework NGEN v4.0.30319_X86」
となっています。

Win7では2.0も
「Microsoft .NET Framework NGEN v2.0.50727_X86」
となっています。

XPでも変更しておくと見た目が揃っていいかもしれません。



F# ランタイム 2.0 + 日本語パック
F#…? J#は短命でしたね…。

テーマ:ブラウザ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/04/23(金) 17:00:00|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<111 | ホーム | Java>>

コメント

Re: 検証の追記

引き続きありがとうございます。
WinXPで他のゲームで同じ現象(ゲームが
IMEのオンオフを認識していない)になった時は
[Alt]+[半角/全角]でなんとかなった気がしますが、
Windows側でサポートされなくなった機能を
IME側で(無理やり?)サポートしていますしね…。
古いゲームはWinXPが無難という身も蓋もない結論になりそうです
(さすがにFFXIVは大丈夫でしょうけど)。
  1. 2010/05/15(土) 17:53:25 |
  2. URL |
  3. Ilion #-
  4. [ 編集 ]

検証の追記

こんにちは!
引き続き検証して、気がついたことが起こりましたので、ご報告させてください。

今日は週末ということもあって LSに人が多かったので、たくさんチャットしてみたのですが、どうも新たに変換のバグ発生してるみたいです(´Д`;)ヾ

条件は不明なのですが、かなりの確立で「変換」自体が出来なくります。
その状態では、変換候補がチャット上ではなく FF11の画面内にチラチラ表示される現象が起こります。変換ができないので、すべてひらがなの文字で確定するような感じです。

やはりWin7で、この方法はかなり強引なのでしょうか…

ということで、まだWin7に移行しない方が良いと思いますよ(笑)
  1. 2010/05/15(土) 15:54:46 |
  2. URL |
  3. 結希猫 #FDDq9IZE
  4. [ 編集 ]

確認ありがとうございした。
これで私も安心してゲームをWin7に移行できそうです(笑)。
  1. 2010/05/15(土) 12:49:29 |
  2. URL |
  3. Ilion #-
  4. [ 編集 ]

No title

はじめまして、こんばんは!
ブログへの書き込みありがとうございました。

Win7の環境で、早速追記していただいた IME2010内での設定を「詳細なテキストサービスを使用しない」にすると、言語バーが2002のデザインに変化。
その状態で、FF11にログインして文字入力してみたところ、抜け落ちがなく文字入力が出来ることを確認できました!

これでXP環境と同じ感じで、チャットできそうです。
教えていただいて、本当にありがとうございました_(._.)_
  1. 2010/05/15(土) 01:14:40 |
  2. URL |
  3. 結希猫 #FDDq9IZE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/179-15294418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)