ハルコタン紀行

Flash

FlashPlayer10.3がリリースされました。
APSB11-12

FlashPlayerの設定は目を疑うほど面倒でしたが
10.3でコントロールパネル(以下コンパネ)が付きました。
Flashコンテンツで右クリックすると
[設定]と[グローバル設定]に分かれています。
この時点で既に分かりにくいです。

[設定]。

10.2の[グローバル設定]はFlashPlayer設定マネージャーに飛ばされていました。
たとえば自動更新はグローバル通知設定です。

このURIはActiveXコントロールやプラグインにハードコードされていました。


10.3の[グローバル設定]はコンパネに飛ばされます。
まず[OK]や[キャンセル]などが無いことに驚きます。
間隔は設定できませんのでグローバル通知設定で設定してください
(10.3の既定は14日で、10.2までの設定を引き継ぎます)。
これらの設定の保存場所はいわゆるFlashクッキーの近くです。
%APPDATA%\Macromedia\Flash Player\macromedia.com\support\flashplayer\sys\settings.sol
バイナリを含むのでテキストエディタで見てもさっぱり分かりません
(それぞれの項目の位置は固定ではありません)。

画像は自動更新有効・間隔14日を示しています。
autoUpdateDisabled 01 00 有効
autoUpdateDisabled 01 01 無効
autoUpdateInterval 00 40 1C 間隔 7日
autoUpdateInterval 00 40 2C 間隔14日
autoUpdateInterval 00 40 3E 間隔30日
autoUpdateInterval 00 40 4E 間隔60日

Javaのコンパネ。

負荷分散のためか更新すると間隔をシャッフルしてしまうのは困りますが、
よくできています。

Silverlightコンテンツで右クリックすると
[Silverlight]しかありません。分かりやすいです。

Silverlight.Configuration.exe と同じです。

間隔の設定はありませんが、そもそも狙われない上に
WindowsUpdateの対象なので問題ありません。

あれ…?

何かが足りない気がします…。

期間限定だった「希望の桜」。

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/05/13(金) 14:00:00|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インジェクション | ホーム | make.believe>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/278-f62dbbcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)