ハルコタン紀行

Flash

FlashPlayer11.4.402.287がリリースされました。
APSB12-22


Windows8のIE10のFlashPlayerは
MicrosoftからWindowsUpdateで提供されていますが、
前回(APSB12-18・APSB12-19)は
Adobeから1か月も遅れ、多くの人に叱られました。
今回は同時リリースとなっています。
2755801 (Win8 IE10)
「2755801」で固定するようです。
RTMとRPのバージョンが統一されました
(RPのファイル名が悲しいことになっていますが)。
11.3.375.10 (RTM)

11.3.375.10 (RP)

11.4にする気は無さそうです。

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/10/08(月) 23:59:58|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ブラウザ | ホーム | ブラウザ>>

コメント

バージョン

別物と言えば別物ですし、遅れていると言えば遅れています。
ソフトウェアがバージョンを上げる主な要因としては
不具合の修正と新機能の追加の2つがあります。
FlashPlayerでは11.3→11.4のように
マイナーバージョンが上がる場合は新機能が追加されます
(AdobeLabsでは現在11.5がベータテスト中です)。
AdobeとMicrosoftの契約の内容は知りませんが、
新機能には対応せず不具合の修正のみ対応するということでしょう。
私のブログでは触れていませんが、
Adobe自身も11の新機能を望まない顧客向けに
10.xの最終バージョンの10.3をメンテナンス中で、
今回も10.3.183.29がリリースされています。

ただ、たとえば5年後にFlashPlayerが15とかになったとして、
そして多くのサイトのFlashコンテンツが11.3では動かなくなった時に
この体制を維持し続けるのかはわかりません
(その頃にはFlashは滅びているだろう、という見方もありますが)。
  1. 2012/10/10(水) 04:20:51 |
  2. URL |
  3. Ilion #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは。9月下旬にIE10の数字が遅れている件でコメントした者です。今回も11.3.375.10で検索したら貴ブログに当たりました。

IE10については9以下とバージョンの数字が揃わないですね。
これはIE10の方が9その他より遅れていることを示すのではなく、フラッシュプレーヤーが全く別物だという意味なのでしょうか?偶々似たような数字になっているだけという・・・。

話は変わりますが、私はプラグイン関係でPCを乗っ取られて酷い目に遭った話を聞いて、adobe(リーダー、プレーヤー)とJREについては常に最新版を入れるようにしています。ところが大阪と三重の事件がプラグインの悪用ではないと聞いて驚いています。世の中変な方向に頭のいい人もいますね。
  1. 2012/10/10(水) 00:14:41 |
  2. URL |
  3. プラグインに神経質な人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/413-731a5bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)