ハルコタン紀行

Classic Shell

先週、ClassicShell4.0がリリースされました。

大幅に進化した一方でWinVistaが切られたことはされていますが、
もう1つ、3.6と3.9(4.0のベータ版)との間で重要な変更がありました。
それは、オープンソースではなくなったことです。
3.6まではMITライセンス(X11ライセンス)という
修正BSDライセンスと同等の緩いライセンスでした。
この変更について、作者はFAQで2つの理由を挙げています。
・当初は他の開発者への情報の提供が目的であったものの、
 コードが複雑化し、ほぼそのままビルドするくらいしか
 できることがなくなっていたこと。
・そして、それを売ってお金を儲けようとする人々が現れ、
 それは作者にとっては不本意であったこと。
それほど需要がなかった頃は平和だったのでしょう。
しかし、Win8でスタートボタンとスタートメニューが削除されたことで
需要が急増し、お金を儲けようと企む人々がただ乗りを始めたのでしょう。
私は開発者ではありませんが、後者については苦々しく思っていたので
この変更は賛成です(以前から「GPLにすればいいのに」とは思っていました)。

署名を付けて10本4,000円で売っている例。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/10/09(水) 14:00:00|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Java | ホーム | PDF Flash>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/475-b1951713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)