ハルコタン紀行

Windows10

Win10 Technical Previewで遊んでみました。
6.4.9841 (IE11.0.9841)
日本語版は提供されていません。

NT6.4です。
Win7からスタートボタンとスタートメニューを奪い去って不評を買ったWin8でしたが、
Win8.1でスタートボタンが戻り、Win10でスタートメニューも戻りました。

ピン留めを全て外してもスタートボタンの隣に何かが居ます。
虫眼鏡は検索ですが、その隣はタスクビュー、いわゆる仮想デスクトップです。
他のOSではあって当たり前の機能ですが、Windowsでは
モニターのメーカーからお金を貰っているのではと疑いたくなるほど
標準搭載を頑なに拒んできました。Microsoft自身がWinXPの時代から
VirtualDesktopManager(PowerToysの1つ)やDesktops(Sysinternals)などの
フリーソフトを提供していたので、技術的に不可能だったわけではありません。
アプリが邪魔なので削除します。

「すべてのプログラム」が横ではなくこの場に展開される、
Win7と同様のメニューです。

Win7のメニューに慣れている人はそのまま使えると思います
(Ubuntu10.04のような色彩を我慢すれば)。
ログオフ(サインアウト)は左上、シャットダウンは右上です。


キーボードでは[↑]を押すか[↓]を押すかの違いですが、
マウスの動線としては遠いです。
もちろんClassic Shellを入れました
(現時点ではWin10に対応していないため、いくつか不具合があります)。

IE11。

MSXのような色数のデスクトップアイコン
(左からWinXP、Win7、Win10)。

Windows8.2(Windows8SP2)と呼ぶべき物ですが、
売るために新しい名前を付けたように思えます
(開発中はThreshold、あるいはWindows9と呼ばれていました)。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/10/15(水) 12:00:00|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Flash | ホーム | Java>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/525-a15d7547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)