ハルコタン紀行

dda3.netとhellh.netその3

以上でdda3.netとhellh.netでそれぞれ実行されるファイルがわかりましたのでもらっておきます。
このファイルが有害かどうかをVirusTotalなどのオンラインスキャナで調べてみましょう。

http://www.dda3.net/sys.exe

http://www.hellh.net/win.exe


オンラインスキャナには以下のようなものがあります。
VirusTotal http://www.virustotal.com/
現時点で最も有名。ウイルスバスターがありません。
Virus.Org http://scanner.virus.org/
ウイルスバスターはありますがNortonがありません。
Jotti http://virusscan.jotti.org/
数は少ないですが、最古参だと思います。個人でやっていらっしゃるのかサーバが過負荷になりやすいです。NortonもMcAfeeもウイルスバスターもありません。
VirScan http://virscan.org/
最多だと思います。ただサーバが中国なので遅いのと、それでエラーが多発し結果が怪しくなります。

いずれも結果は基本的に1行しか出ないので、複数のファイルを圧縮してのスキャンはどれが有害でどれが無害かわからなくなります。1ファイルずつにしましょう。
設定やシグネチャの配布状況などによって実際の製品とは結果が異なることがあります。
誤検知が多い製品もあります。2~3個しか有害判定が出ない場合は見定める必要があります。

メモ:
VirusTotalなどにあるVirusBusterはハンガリーの製品です。トレンドマイクロの製品はPC-cillinまたはウイルスバスターです。混同を避けるためこのブログではウイルスバスターのみカナ表記にしています。
ソースネクストのウイルスセキュリティ(インドのK7)はどこにもありませんが、上記スキャナに含まれるどのアンチウイルスよりも検出できないので無くても問題はありません!

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/03/14(金) 08:29:17|
  2. ウイルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FFXIバージョンアップ | ホーム | hellh.netその2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilion.blog47.fc2.com/tb.php/7-3b83acc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)